システム開発のおぼえがき

いろいろと作ってます

VB

vb.net DBアクセスできるサブルーチンを作る。・・・その②

2016/09/15

DBアクセスした結果データをでーたアダプタを使って保持する。
データアダプタを使うと読み込んだデータを保持できるらしい

dt.Rows.Count > 0 なら対象データあり
dt.Rows(0).Item("顧客名")でdtデータセットの顧客名を取得できる。
結果はデータセットにあるのでdatagridviewなどにバインドして表示したりすることもできる。

Private Sub Button2_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button2.Click

Dim con1 As New OleDb.OleDbConnection
Dim cmd1 As New OleDb.OleDbCommand

' DB接続文字列の設定
con1.ConnectionString = _
"Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0; Data Source=" & "C:\VB\VBDBアクセスサンプル\database.mdb"

' コネクションの設定
cmd1.Connection = con1

' DB接続を開く
con1.Open()

' SQL文の設定
Dim SQL As String
SQL = "SELECT * FROM 顧客マスタ "
SQL &= "WHERE 顧客コード = :p1"
cmd1.CommandText = SQL

' SQL文パラメータの設定
cmd1.Parameters.Clear()
cmd1.Parameters.Add(":1", OleDb.OleDbType.Char, 10)
cmd1.Parameters(":1").Value = Me.TextBox1.Text

' データを取得する
Dim dt As New DataTable
Dim adapter As New OleDb.OleDbDataAdapter(cmd1)
adapter.Fill(dt)
adapter.Dispose()
If dt.Rows.Count > 0 Then
Me.TextBox3.Text = dt.Rows(0).Item("顧客名")
Console.Write(dt.Rows(0).Item("顧客名"))
Else
Me.TextBox3.Text = "???"
Console.Write(dt.Rows(0).Item("顧客名"))
End If
' DB接続を閉じる
If Not con1 Is Nothing Then
con1.Close()
con1.Dispose()
End If
End Sub

-VB